TEL

自律神経失調症 | 八戸・日計・下長 八戸ラポール整骨院

お問い合わせはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症の施術なら八戸市売市の八戸ラポール整骨院まで

自律神経系には、交感神経と副交感神経とがあり、その中枢は間脳の視床下部にあります。
呼吸・脈拍・血圧・体温・発汗・排尿・排便など、みんな自律神経によってコントロールされています。
交感神経と副交感神経は、一般的には拮抗的に働き、例えば血管は交感神経が興奮すると収縮し、副交感神経が興奮すると拡張します。

交感神経の過緊張が、全身的にさまざまなトラブルを作り出す仕組みは、血液の循環障害が起こり、ホルモンの分泌が乱れ、病気を防ぐ免疫の働きも低下するというように、身体の健康を保つおおもとの仕組みが混乱するために、いろいろな病気や症状が起こってくるわけです。

このような自律神経の乱れに対し、当院では『超短波温熱療法』により症状の改善を行っております。

『超短波温熱療法』とは?

交感神経に深部加温効果に優れている超短波エネルギーを照射し、交感神経の緊張状態を緩和させながら、身体を芯から温め、血流を改善します。
交感神経の緊張が緩和すると、筋の緊張が和らぎ痛みを感じにくくなります。
また、副交感神経の働きが良くなるので、免疫の向上や、疲労の回復にも効果が望めます。